プレイ

テキサスホールデム

紹介

テキサス・ホールデム(Texas hold 'em)はポーカーの一種。各プレイヤーごとに配られる2枚の手札と、コミュニティ・カードと呼ばれる全プレイヤー共通のカード(最大5枚)を組み合わせてプレーする。アメリカ合衆国においては最もポピュラーなゲームのひとつである。通常は2人から10人で行われる。

目的

このゲームの目的は、ポット(pot, 全員のベット金を集めたもの)を獲得することにある。ポットを獲得するためには、ショーダウンの際に最も強い5枚のカードを持つか、中途のベットラウンドにおいて他のプレイヤーを勝負から降ろす(フォルドさせる)必要がある。

プレイする際の注意

テキサス・ホールデムでは、1回のゲームで最大4回のベットが行われる。そのうち最初のベット(プリフロップ)の前にディーラーの左隣のふたりが強制ベットをするルールが用いられる。

ディーラー・ボタンは、ゲームに参加しているどのプレイヤーがディーラーポジションにいるのかを示すために用いられる(カードを配ったりチップを扱いゲームを進行する「ディーラー」とは異なる)。ディーラー・ボタンは1ゲームごとに時計回りに移動し、ディーラーの位置及びブラインドベット対象者の変更が行われる。ディーラーボタン位置の左隣にいるプレイヤーは、スモールブラインドといって通常最低ベット額の半額をベットする義務がある。スモールブラインドの左隣は、ビッグブラインドといって当該ゲームにおける最低ベット額をベットする義務がある。

テーブルに残っている参加者が2名となった場合は、ボタンのないプレイヤーがビッグブラインドを、ボタンの置かれたプレイヤーがスモールブラインドをベットする。

トーナメントルールにおいては、ブラインド・アンティの金額はあらかじめ決められたストラクチャーに沿って一定時間ごとに増加していく。

ゲームの進行

各プレイヤーに2枚のカードが表を伏せた状態で配られてゲーム開始となる。この2枚のカードを「ホールカード」あるいは「ポケットカード」と呼ぶ。ゲームにおいてプレイヤーごとに配られるのはこの2枚のみであり、ショーダウンが行われる場合以外は他のプレイヤーに公開する必要はない。

カードが配られたら、ベットラウンドが開始する。このラウンドは「プリフロップ」と呼ばれる。ベットはビッグブラインドの左隣から、時計回りに行う。このとき、ビッグブラインドはオープニングベットに相当するので、最初のプレイヤーがチェックすることはできない。スモールブラインドを出したプレイヤーがコールするには残りの半額を出す。ブラインドがない場合は、ディーラーボタンの左隣からベットを行う。

プリフロップでのベットが終わった段階で、2名以上プレイヤーが残っている場合はディーラーは表向きに3枚のカードをテーブルに出す。これを「フロップ」という。この3枚は全てのプレイヤーに共通のカード(コミュニティ・カード)である。この先のベットは、全てカードが配られた時点で、ディーラー・ボタンの左隣のプレイヤーから時計回りに行われる。

フロップのベットラウンドが終わると、ディーラーは更に1枚の共通カードを開く。このカードを「ターン(またはフォース・ストリート)」と呼ぶ。同様に、ターンにおけるベットラウンドが終了すると、ディーラーは最後の1枚となる共通カードを開く。このカードを「リバー(またはフィフス・ストリート)」と呼ぶ。

リバーにおけるベットが終了した時点で、残っているプレイヤーが2名以上いる場合、勝者を決めるためにショーダウンを行う。

(ディーラーがそれぞれのコミュニティ・カードを出すときには、カードに印が付けられている可能性を考慮して、デッキの一番上のカードはコミュニティ・カードとしては使わず、カードを伏せたまま横にどかしておく。これをバーン・カードという。)

ロイヤル・ストレート・フラッシュロイヤル・フラッシュ

ストレート・フラッシュ

フォー・オブ・ア・カインドフォーカード

フルハウス

フラッシュ

ストレート

スリー・オブ・ア・カインドスリーカード

ツーペア

ワンペア

ハイカード