プロリーグ発足の麻雀に続くか「競技ポーカー」普及の可能性

プロリーグ戦「Mリーグ」の開幕を10月に控え、活気を帯びる麻雀業界。2017年には国際麻雀連盟が、国際囲碁連盟や国際チェス連盟も加盟する「国際マインドスポーツ協会(IMSA)」に加わったことで、麻雀はマインドスポーツ(頭脳スポーツとも呼ばれる)として世界的に認知が広まりつつある。

麻雀と同じく、頭脳スポーツとして位置づけられることの多いゲームとして「ポーカー」がある。ここでいうポーカーとは「テキサス・ホールデム」という種類で、2枚手札が配られたときから、ベットタイムは始まり、確率論などを駆使しながらプレイする心理戦が特徴的なゲーム。全世界で競技人口が1億人以上いるともいわれている。

ポーカーはカジノで行われるゲームのひとつ、という認識が一般的には強いだろうが、日本においても、テキサス・ホールデムの競技大会は開催されている。麻雀のように競技ポーカーが普及する可能性はあるのだろうか。国内最大規模の競技ポーカー大会を開催するジャパンオープンポーカーツアー株式会社・代表取締役の宮田達宗さんが解説する。

「テキサス・ホールデムのポーカーが日本で広がり始めたのは2003年頃からで、2007年には初めての競技大会が開催されました。ウェブと相性のいいポーカーは、関連のネットゲームやスマホアプリの普及に伴い、プレイヤー数もさらに増えていくでしょう。国内の遊戯経験者は現在少なくとも50万人はいると推計されます」(宮田さん・「」内以下同)

日本でポーカープレイヤーが集まるのはアミューズメント施設(ゲームセンターなどと同じで賭博行為等は一切禁止)。全国に点在し、都内だけでも数十か所はある。そこではディーラーを前に実際のポーカー台でプレーすることが可能。

「当社運営のアミューズメント施設でポーカーを楽しむ人は20~30代の男性が中心で、最近は女性の来客も増えています。サラリーマンの方が多く、仕事の業界もさまざま。お店はカジュアルな雰囲気なので、ポーカー未経験者がひとりで来店されることも少なくありません」

麻雀はプロリーグがスタートし、テレビなどのメディア露出が増えることで、競技人口がさらに増える可能性があるだろう。日本における麻雀プロとは、国内の競技麻雀団体のテストに合格し、団体に所属することで、プロ雀士としての一歩を踏み出す。一方ポーカーには、競技プロの明確な定義は存在せず、プロ興行がすぐに発足する可能性は低いかもしれない。ポーカープレイヤーが増える見込みはあるのだろうか。

「ポーカーで使われる期待値を用いた思考法やリスクコントロールの方法は、投資や仕事術として活用されることが多く、ビジネスマンを中心に競技人口が増えていく余地はあります。海外の大学ではポーカーを利用した講義が開かれたこともあり、単なるゲームに終始することはないと思います。

ポーカールームはコミュニケーションの場でもあります。お酒を片手に会話を楽しむことを目的に来店される方も少なくありません。ポーカーは対戦相手の態度や仕草から情報を得ることもプレイの重要な要素となるので、人を見る目が養われ、人からどう見られているかを考えるようになります。ビジネスマンに有益なスキルを磨ける場所でもありますので、実際のポーカー台を前に体験してみてほしいです」

なお、カジノを含む統合型リゾート(IR)に関する法案が7月に可決したものの、日本国内でのIR開業は2020年代の中頃となる見込みだ

  • ポーカー
  • テキサスホールデム